FC2ブログ

白砂糖の危険性①

バレンタインデーですね。


どうも、広 星太郎です。26歳、山羊座です。


バレンタインデーですね。


僕はプリン、エクレアが大好きです。


女性も男性も甘いものを食べることが増えるこの時期に、書きたいことがあります。


チョコレート、クッキー、ケーキ、ジュースなど沢山のものに含まれる「白砂糖」についてです。


この普段口にする機会が非常に多いものですよね?、それをみなさんと勉強していきたいと思います。






で、わざわざ「白」をつけてるのは理由があります。



それは「白砂糖」は黒糖と違い人体にとっては異物で危険性をもった、純粋な科学薬品であるからです。




「黒糖」はサトウキビを搾る、煮詰める、水分を除去するなどしてできるもので、ビタミンやミネラルを含みます。


「白砂糖」はさらにそれをホウ酸塩や塩素で脱色し、遠心分離機にかけたりします。そしてべたつく原因となるミネラル、ビタミンなどの栄養素を取り除き、塩酸、無機酸で白く漂白する。という作り方なんです。


そしてその危険性については沢山のことが言われています。


そのひとつが 「血糖値が急上昇する」 という点です。




ご飯などから吸収できる糖分は、ゆっくり分解され、ゆっくり腸で吸収され、なだらかに血糖値が上がり、なだらかに下がっていきます。


そして白砂糖の糖分は胃で即吸収され、即血糖値が上がります。なので一時的に気分が落ち着いたり、高揚感がでるわけですね。


しかし人間には身体を一定に保とうとする力がありますので、すい臓からインシュリンが分泌され異常な血糖値の増加を抑制します。


なので今度はだるさ、疲労感などがでてきます。低血糖状態です。


そして脳は低血糖になってくると、アドレナリンを分泌して上げようとします。


その結果イライラしやすい、キレやすい、次の甘いものを求める。依存しやすくなるわけですね。


「白い麻薬」という呼ばれ方もしていて、タバコよりも依存性が高いそうです。


ですので「砂糖は脳の栄養!脳が疲れたら甘いもの!」という考え方は少し浅いかもしれません。




そして白砂糖の身体への影響は血液を汚していくことになります。が

この話はまた次回にしたいと思います。  まだまだ砂糖の話は続きます。
-----------------------------------
健康はきれいな背骨から!
体の不調にお悩みなら
ARS橋本カイロプラクティックセンター
駅近、JR橋本駅から徒歩1分!
詳しくはホームページをご覧ください。

-----------------------------------
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ARS橋本店

Author:ARS橋本店
リラクゼーション・カイロプラクティックセンターARS橋本店のスタッフブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード